【超絶悲報】楽天お買い物マラソン改悪!!

楽天経済圏

おはようございます。

このところSPUの改悪が止まらない楽天経済圏ですが、また1つ、改悪されることわかりました。

楽天市場最大のメリット「お買い物マラソン」の付与ポイント上限が引き下げられます(泣)

過去記事はこちら。

楽天市場HPから引用

公式HPにある通り、2021年2月9日20時開始のお買い物マラソンでは、獲得上限ポイント数が7000ポイントに減額されています。以降も減額されるのかは分かりませんが、ゴールドカードのSPU改悪に引き続き、楽天市場でのポイント獲得が規制されましたね。

では獲得上限の引き下げに伴い、具体的に何に注意すべきかみていきましょう。

改悪前後の比較

下の表に示す通り店舗数に対応したポイント倍率には変更ありませんが、獲得上限が10000Pから7000Pに引き下げられたことで、お買い物マラソン期間中の購入額上限が減少することになります。

つまり、「購入額上限を超えた場合は超えた分の購入代金に対してはお買い物マラソンの倍率が適応されない」ということなので注意しましょう。

筆者作成

例えば「10店舗で各1000円以上、合計11万円購入」した場合を考えてみましょう。

上の表の最下段をご覧ください。

改悪前後でポイント倍率は同じなので、理論上の獲得ポイントは11万円x0.09=9900Pになるはずです。

改悪前なら獲得上限の10000Pに達していないのでそのまま付与されますが、

改悪後だと獲得上限の7000Pを超えているので、7000Pしか付与されません。

お買い物マラソンに合わせて日用品のまとめ買いやふるさと納税をしていた方は、うっかり獲得上限に達してしまわないように、前もって購入金額を計算しておきましょう。

まとめ

今回の『ゴールドカードのSPU改悪からのお買い物マラソンの獲得上限引き下げ』の一連の流れは、個人的には転売対策ちゃうかな?と思います。

「安く仕入れて定価か少し安くで売る」ならまだ許容できますが、不当に買い占めて本当に欲しい人の元に届かないようにして定価以上の高値で売る「転売ヤー」がはびこる以上、仕方がない対策かもしれません。

私はお買い物マラソン期間中にダイソンの掃除機やヤーマンの美顔器を買って莫大なポイント還元を受けたので、ポイント付与上限が引き下げられたのは本当に残念です。いずれも高額商品でルール改悪後はポイント獲得上限に達してしまうため、もう高額商品を楽天市場でお得に購入することはできないと思います。

とはいえ、お買い物マラソン期間中の購入金額が7.77万円以下なら上限には達しないため、通常使用なら獲得上限に達することは少ないと思います。ルール改悪が止まらないため今後も注視が必要ですが、現時点では私にとって最もお得なのが楽天経済圏であることに変わりありません。

Yahoo経済圏やau経済圏などもあるので、他の経済圏の動向も見ながらも環境の変化に対応しながら楽天経済圏でオトクに過ごしたいと思います。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました