効率よくポイントを貯める!オススメの楽天サービス9選! | 金の子豚

効率よくポイントを貯める!オススメの楽天サービス9選!

小銭と紙幣 楽天経済圏

みなさんは「楽天経済圏」という言葉をご存知でしょうか?

楽天が展開する様々なサービスを使用することでポイント還元率を上げ、

溜まったポイントを楽天の各種サービスで利用するという、

楽天の消費者囲い込み戦略にまんまと乗っかることです。

「ポイントなんてチマチマしたことケチくさくて嫌やなぁ」と思う方もおられるでしょうが、サービス単体でも優秀なものも多く、最初の設定さえクリアすれば、あとは自動でポイント還元率が上がるためオススメです。

今回は、無理のない楽天経済圏への入門として、オススメのサービスを9つ紹介したいと思います。

楽天経済圏への第一歩:楽天SPUとは?

SPUとは、Super Point Up programの略です。

楽天SPU

要するに、「楽天のサービスを使えば使うほど、楽天市場でのポイント還元率が上がる」

ってことです。仮に、条件を満たしたのが月の途中からでも、その月の全ての買い物に対して倍率が適用されます。ただし、勘違いしている方がいるかもしれませんが、ポイント還元率が上がるのはあくまでも楽天市場での買い物だけです。現在みなさんが日常的に利用しているサービスを、楽天のSPU対象サービスに置き換えていくことが、楽天経済圏への第一歩と言えます。実際に、SPU対象サービスを見てみましょう。

SPU対象サービス

楽天のSPU対象サービスは以下の通りです!!

、、、って言われても、めっちゃ多いですよね。

全部利用すると、上記の合計15%+楽天会員の基本ポイント倍率1%になって、

最大でポイント還元率が16%になるってことなんです。驚異的ですね〜。

とはいえ、「全部使ってるで」っていう人はあんまりいないと思います。

ちなみに、私のポイント還元率は10.5%(2020年6月18日現在)です。

楽天経済圏 入門

ここからは、実際に私が使っているサービスを解説していきます。あまり無理をせずに使えるサービスを選んだので参考にしてもらえたら嬉しいです。

楽天会員

楽天経済圏の基本です。楽天会員に登録するだけで、ポイント還元率が1%になります。

はじめは関係ありませんが、過去6ヶ月間のポイント獲得状況に応じた会員ランクがあります。

楽天市場や他の楽天サービスを使用していると、自然とダイヤモンド会員になると思います。

また、SPUの対象サービスによっては、獲得上限が会員ランクによって変動します。

獲得上限については後ほど解説します。

楽天カード

川平慈英さんが出演する、楽天カードマーン♪のCMでおなじみのやつです。

還元率がカードの種類によって異なるので注意が必要です。

結構種類があるように見えますが(https://www.rakuten-card.co.jp/card/?l-id=corp_oo_top_to_cardlineup_pc#card-list)、大きく3種類に分けられます。

  • 通常カード(+2%)
  • ゴールドカード(+4%)
  • プレミアムカード(+4%)

まずは年会費無料の通常カードで十分やと思います。2ヶ月くらい使ってみて、ゴールドカードの年会費(2200円)の元を取れそうなら切り替えましょう。

元を取れるのは、2200÷0.02=110000で年間11万以上、楽天市場で利用する場合です。

また、後々ややこしくなるので「楽天銀行カード」は申し込まないようにしてください!

楽天市場アプリ

還元率+0.5%です。

楽天市場アプリをダウンロードして、アプリ経由で購入するだけで還元率が上がります。

アプリが使いにくいという方は、PCサイトで欲しい商品を「お気に入り」に登録してからアプリを開き、購入すれば良いでしょう。余談ですが、最下段に「アプリ限定ラッキーくじ」なるものがあり、ごく稀に1日1ポイントもらえます。

楽天ブックス

還元率+0.5%です。

楽天ブックスで1000円以上の本を購入すると、購入した月の還元率が上がります。

楽天市場で本を検索して、販売元が「楽天ブックス」となっているのを選べばOKです。

私は毎月最低1冊は本を読むようにしているので、楽天ブックスで購入してます。後述する「お買い物マラソン」などの他のポイントアップキャンペーンと組み合わせると良いですね。

楽天の保険+楽天カード

還元率+1%です。

いやいや、保険なんか要らんわ って方もおられると思います。

生命保険とか、そんな大層なもんじゃないです。

僕が加入しているのは、こちら

楽天カード超かんたん保険」の「持ち物プラン 傷害総合保険」です。似た商品に「楽天超かんたん保険」って言うのがあるので、間違えないでください。ほんまにややこしいw。

そして、これに関してはもう一つ罠があります。

赤囲みに小さく書いてあるように、一括払いにすると翌月しか還元率があがりません。申し込み時に、必ず毎月払いを選択してください。

また、すでに持っているカードや加入している自動車保険に付帯している可能性があるので、ご自身で確認してみてください。必ずしも必要ではありませんが、手続きが比較的簡単で、月200円で還元率が+1%になるんでオススメしておきます。

楽天銀行+楽天カード

還元率+1%です。

楽天カードの利用分を楽天銀行からの引き落としに設定するだけです。楽天銀行口座の開設が必要ですが、口座の開設も維持も無料なんで作っといて損はせんと思います。

また、後述する楽天証券と組み合わせることで、普通預金の金利が年0.1%になるというメリットもあります。大手メガバンクの0.001%とかいうカスみたいな金利を考えると、めちゃくちゃ太っ腹です。金利の面からも口座開設しといて損はありません。

そして、楽天銀行独自のポイントプログラムとして、「ハッピープログラム」と言うものがあります。預金残高や月の利用状況に応じて、ATM利用手数料や他行振込手数料の無料回数、楽天銀行での取引に対して付与されるポイントの倍率が変わります。

楽天でんき

還元率+0.5%です。

私は関○電力から楽天でんきに乗り換えて、月々の電気料金が1000円ほど安くなりました

、、、え?ケチくさいって??

たしかにケチくさいようですが、固定支出を減らすのは資産形成の基本です。たかが1000円と侮るなかれ。還元率も上がるし、ええことづくめやと思います。

なお、「電気料金200円につき1ポイント」と、楽天市場での還元率+0.5%は別ものです。それぞれポイントが貯まるので、安心してください。

楽天モバイル

還元率+1%です。

Rakuten UN-LIMITっていう、よくCMで見るやつです。

元々、「2980円/月のプラン料金が1年間無料」っていう、300万人対象のキャンペーンをやってて気になってたんですが、最近、Rakuten miniという端末代金が1円になるキャンペーンをやっていた(現在は終了しています)ため契約してみました。

テザリングオプションが無料なので、私は元々持っていた、月々5000円程度のモバイルルーターの代わり(のつもり)として使ってます。これで月5000円がまるっと浮きました。

現在はデータ通信無制限の地域がほんっっっとに限られているので、メインの携帯電話としては正直微妙かもしれませんが、無料期間が1年あるんで、お試しのつもりで契約してます。

契約の手順・注意点や実際の使用感については別記事で解説します。

楽天証券

還元率+1%です。月1回の500円以上のポイント投資が条件になります。

ちょっと設定がややこしいのと、投資に対してアレルギー反応のある方も多いかと思うので、詳細は別の記事で紹介することとします。ただ、最初の設定さえすればあとは毎月勝手にクリアできるので、めんどくさいのは最初だけです。

楽天SPUの注意点

最初の設定こそ面倒かもしれませんが、あとは自動で還元率が上がるSPU。常に10%が還元されると考えたらバカにはできません。ただ、このSPUについて注意点があります。

ポイント獲得上限

楽天経済圏を利用する上で一番大事なことです。

SPUによって還元率を上げても、無制限にポイントが還元されるわけではありません。

SPU対象サービスには個別に月のポイント獲得上限が設定されており、中には楽天会員ランクによって獲得上限が変動するサービスもあるので注意が必要です。

上記は月の獲得上限と、そこから計算した月の使用上限の表です。これはダイヤモンド会員の場合ですが、緑の網掛けが会員ランクによって変動する部分です。

また、太枠で囲った「楽天カード」の部分ですが、

  • 通常カードは、通常ポイント1%+期間限定ポイント1%
  • ゴールドカードとプレミアムカードは、通常ポイント1%+期間限定ポイント3%

という計算になります。

ゴールドカードで月に16.7万以上使うなら、超えた分には3%のポイント還元がつかない

ということです。そんなに使わんって人も多いかもしれませんが、注意してください。

期間限定ポイント

上で示した表の黄色部分、つまり、楽天会員の1%、楽天カード通常利用分の1%以外は全て期間限定ポイントでの付与です。「楽天Point Club」というアプリをダウンロードしておくと、ポイントの有効期限が一目で分かるので便利です。なお、このアプリでは、毎日起動し数クリックするだけで、月に60ポイントほど獲得できます。

まとめ

いかがだったでしょうか。日常生活に取り入れても無理がない範囲で考えると、これくらいかなと思います。10.5%還元なので十分かと考えています。

もちろん、人によっては「楽天ひかり」「楽天トラベル」「楽天ビューティー」「楽天Kobo」「楽天Pasha」「楽天Fashion」「楽天TV」などを使用して良いですが、あくまでも、普段使っているサービスを楽天に置き換えると考えてください。

還元率を上げるために、無駄な服や電子書籍を購入したり、無駄に旅行したりするようでは本末転倒です。

また、その他のポイントアップキャンペーンなどと組み合わせることで、さらに還元率をあげることができます。かなり長くなってしまうので、詳細は別の記事で紹介することにします。

思いのほか長い記事になってしまいましたが、皆さんの参考になれば幸いです。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました